工芸アクティビティ·ガイド : 全国
Japan Craft Directory

日本各地の多種多彩な工芸にリーチ!

ファースト・パトロネージュ・プログラムとは?

社会みんなで工芸の若手の「ハジメテ」を応援する、ファースト・パトロネージュ・プログラム(FPP)。2017年~の一般財団法人川村文化芸術振興財団の次世代作家発掘・支援プロジェクトです。第一線で活躍する工芸家の皆様がご推薦、次世代を担う、まだ日の目を浴びていない作家を、しかるべき審査のうえ毎年20人を紹介します。

http://www.kacf.jp
https://fpp.kacf.jp

GEN(Glass Educational Net)とは?

日本国内のガラス教育機関の活動を世界に紹介するため、1996年にGEN(Glass Educational Net)が組織されました。学生・学校間の交流や、学生支援・情報交換を目的として年一回全国会議を開催し、より良いガラス教育をめざしています。15回目になるガラス教員機関合同作品展は2022年3月9日から3月14日まで上野の東京都美術館で開催予定です。

more +close -

エリア

キーワード

「ウルシの木の活用プロジェクト」とは?

漆の供給体制やウルシの木の植栽活動を支えるため、漆掻き後の木を木材として活用=収益化する取り組みを行っています。単なる商品開発に留まらず、その過程を学生や異分野の方々と協働することで、漆と木に親しむ層を広げ、漆産業を次世代に続く持続可能な産業とすることを目指しています。(運営:FEEL J株式会社)

https://www.feelj.jp/read/detail/urushinoki2020

more +close -

エリア

キーワード

日本新工芸家連盟特別企画「学生選抜展」とは?

公益社団法人日本新工芸家連盟は、全国の高等学校、専門学校や大学等で工芸を学んでいる方々の選抜された意欲的な作品展示を通して明日の工芸文化を拓くために学ぶ若者を応援したいとの思いで、2018年から現在まで国立新美術館で学生選抜展を開催しています。作品の発表する場を提供することで未来の工芸家を応援します。

http://www.nihon-shinkogei.or.jp/

more +close -

エリア

キーワード

伝統工芸学生アンバサダー とらくら とは?

とらくらは2021年1月26日に発足した学生団体。traditional craft の略称。工芸を未来と世界に伝えるべく、全国から共通の想いをもった学生が集結し。若者の目線で工芸の魅力を発信すると同時に、学生自身も工芸への理解を深め継承する。活動は主に取材を掲載するwebメディアやイベントを展開。

「とらくら」公式サイト
「とらくら」Z世代が工芸5.0を発信するメディア
「とらくら」Instagram
とらくら企画「KIMONOTO」
KIMONOTOモデル

more +close -

エリア

キーワード

一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン(CoJ)とは?

工芸の世界において、情報の分断によるさまざまな無駄や文化的損失を少しでもなくすために立ち上げた組織がCoJです。工芸の世界で横断的連携を実現するために考え、行動し、100年後の工芸のために活動しています。京都、東京、石川の3都市で、21世紀鷹峯フォーラム(2015-2017)から始めました。

https://thecreationofjapan.or.jp

日本伝統工芸展とは?

工芸技術の発表の場として、また工芸技術の保存、継承のため、9月の東京会場(日本橋三越本店 9月15日~27日)のほか全国に巡回して開催します。1954年に第1回が開催され、以来、工芸分野で唯一の国が主催に入る最大級の公募展です。

工芸技術の発表の場1

https://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition

工芸技術の発表の場2

https://thecreationofjapan.or.jp

公益社団法人日本工芸会とは?

文化財保護法の精神に則り、無形文化財の保護育成を図るために、1955年に工芸作家が中心となって設立され、日本伝統工芸展を毎年開催しています。会員総数は約2,200名。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の七つの部会で活動しています。

https://www.nihonkogeikai.or.jp