工芸アクティビティ·ガイド
Japan Craft Directory

日本各地の多種多彩な工芸にリーチ!

ワポーターとは?

日本人の持つ美意識に着目し伝統産業や作家のブランディング、工芸作家の作品をメインに海外に向けてキュレーションし、作品を販売しています。CSVの視点で地域活性や工芸の社会問題解決にも取り組み、これらを「おそよか」プロジェクトとして運営しています。

http://waporter.com

more +close -

エリア

キーワード

茶の湯ちゃんねるとは?

一般的に”茶道”と言うと作法や点前のイメージが強いですが、「茶の湯ちゃんねる」では、茶道具をコレクションして茶席で取り合わせる「茶道具の楽しみ方」や、茶席に招き、招かれる「”茶事”の楽しさ」を伝える動画を配信しています。茶事を体験するきっかけを作り、数寄者の卵を育てるちゃんねるです。

茶の湯ちゃんねる 〜茶事のあれこれ〜

烏鷺とは?

“茶の湯”は日本文化の総合芸術と言われますが、”数寄者”と呼ばれる文化人たちは、茶道、香道、能や和歌、料理やお酒などの様々な日本文化や美術品を総合的に楽しんできました。烏鷺では、様々な各分野のプロを通じて、文化体験やホームパーティ、イベントなどを総合的に企画・提案しています。

https://www.uro.ne.jp/
※公式サイト準備中です。

more +close -

エリア

キーワード

即今とは?

友人を招いて料理や酒を酌み交わし美術品を鑑賞する”茶事”の楽しさを作法を気にせず体験して頂ける茶室空間。小間2部屋と広間1部屋からなり、小間での薄茶、広間での懐石、カクテルまで、初めての方でも気軽に楽しめる「即今コース」をはじめ、貸切でのご利用や、日本文化のイベントも行っています。

https://www.sokkon.jp/

more +close -

エリア

キーワード

夜咄Sahan(よばなしさはん)とは?

友人を招いて料理や酒を酌み交わし美術品を鑑賞する”茶事”の楽しさを作法を気にせず体験して頂ける、立礼式の小間の茶室空間です。正式な茶事から、精進料理、洋食、カクテルまで、ご予約次第で好きにアレンジして亭主役・客役を楽しめます。個性あふれるスタッフの営業や日本文化のイベントも行っています。

http://yobanashi-sahan.jp/

more +close -

エリア

キーワード

あらかわ伝統工芸ギャラリーとは?

荒川ふるさと文化館に併設された無料の「あらかわ伝統工芸ギャラリー」は、区の職人による伝統工芸品の常設展示スペース。荒川区伝統工芸技術保存会と協働で、匠の技を間近で見られる実演や体験イベント「あらわ座」、作品を販売する「あらわ座市」も開催。職人自身が展示解説を行うこともある素敵なギャラリーです。

https://www.city.arakawa.tokyo.jp/arapura/furusato/index.html

more +close -

エリア

キーワード

ギャラリー左右「第3回 ティー・エレメント公募展」とは? 

「喫茶の道具を見直すきっかけにしたい」と、かつて煎茶の普及に努めた南画家・田能村直入の寓居跡にあるギャラリー左右で、喫茶の場で使う器物のコンテストを開催します。煎茶・抹茶・中国茶・紅茶など、茶を飲む時に使う道具であればプロ・アマ問わいません。新たな才能や視点に出会いたい。皆様のご応募をお待ちします。

https://sayuu.jp/news/teaelement-contest3/

more +close -

エリア

キーワード

女子美術大学染織文化資源研究所 制作技術と材料の解明の研究とは?

未だ解明されていない制作技術、女子美術大学美術館所蔵《近江八景模様小袖》の色材と絞り染め、友禅染めの表現技法を調査研究しています。絞り染め研究では、檜原村浅間尾根で昭和32年に野生種が発見され、今日まで地元の人たちの手によって栽培、継承し続けられている、檜原在来ムラサキを使わせて頂いています。

https://joshibi-textile.net/

more +close -

エリア

キーワード

「ニッポン手仕事図鑑」とは?

「ニッポンの手仕事を、残していく」をコンセプトに、2015年1月に誕生した動画メディア。オリジナル映像による情報発信のほかに、「後継者育成インターンシップ」「新商品開発プロデュース」「映像クリエイター育成」など、伝統工芸を未来の日本に残していくための活動を幅広く展開している。

https://nippon-teshigoto.jp/

金沢クラフトビジネス創造機構とは?

金沢の工芸・クラフトのビジネス化を推進するために、金沢市により創設されました。工芸・クラフトなど、ものづくりに関して専門的なアドバイスをし、ビジネス展開や販路の拡大を図るとともに、作り手や工芸に関するビジネスを企図する事業者との交流を促進する事業を展開しています。

https://www.kanazawacraft.jp/about.html

more +close -

エリア

キーワード

金沢市の伝統工芸への支援策とは?

金沢市では、藩政期から続く伝統工芸品産業などの工芸分野を支援するクラフト政策推進課を設置しており、「金沢の文化の人づくり奨励金」や「希少伝統産業専門塾」など後継者育成のための施策をはじめ、伝統工芸品の販路拡張・新製品開発など「作り手」とともに、「つなぎ手」や「使い手」を育む施策を実施しています。

https://www4.city.kanazawa.lg.jp/17014/dentosangyo/index.html

more +close -

エリア

キーワード

京都市産業技術研究所 伝統産業後継者育成研修 漆工・漆工応用コースとは?

本研修は、1年間を通じて、「塗りから加飾までの幅広い漆の専門技術を習得すること」を目的とし、研修生の技量に応じた個別の実習カリキュラムを組むのが特長です。また、新たなものづくりにチャレンジできるよう、新材料・技術に柔軟に対応できるプログラムも取り入れながら、未来につながる漆業界の担い手を育成しています。

http://tc-kyoto.or.jp/training/dentou/post-23.html

more +close -

エリア

キーワード

匠宅とは?

静岡県の学生が運営する団体です。現在は静岡の工芸を集めた自社のオンラインストアを運営、インスタグラムでの発信を行っています。その他にも若い世代に届きやすい媒体であるTikTokやYouTubeを活用した発信、駿府匠宿との連携事業を予定しています。自分たちの目線で若い世代に届くコンテンツ作りを行っています。

匠宅 公式サイト

匠宅「工芸の未来をtiktokで」

藝大in銀茶会とは?

2002年に始まった銀茶会に、2015年より東京藝術大学工芸科6分野(彫金・鍛金・鋳金・漆芸・陶芸・染織)の教員と学生が各分野の技法や素材、自らの作風を活かして制作した茶道具の展示で参加しています。また、銀座通りに設けられる野点の茶席にも、展示作品を貸出しています。※2021年は、野点の茶席は中止となります。

http://ginchakai.ginza.jp/event/
(10/1切替)

more +close -

エリア

キーワード

オクシズ漆の里協議会とは?

国産漆の使用をすすめる文化庁の通達を踏まえ、漆塗り文化財建造物が全国で2番目に多い静岡では林業・産業工芸・文化財・行政各分野からなる協議会を設立し、中山間地域オクシズ4地域に試験植樹、「漆」についての理解を深めるための「漆の学校」や漆の木全体を活用することを目指した開発試作等の活動を進めています。

オクシズ漆の里協議会 公式サイト

オクシズ漆の里協議会 Facebook

more +close -

エリア

キーワード

COLEとは?

工芸と食をテーマに活動する媒体です。オンラインショップをはじめ、個人で海外へ販売したいモノづくりをしている方のサポートもしています。

https://cole.ne.jp

陶磁器用絵具・釉薬製造販売 株式会社深海商店とは?

弊社は豊臣秀吉の朝鮮出兵時に来日した朝鮮陶工の末裔が経営する会社です。江戸時代から有田焼を製造していましたが、現在は陶磁器用の呉須・色絵具・釉薬を製造しています。
呉須は天然鉱物を石臼で摺るので色合いと筆滑りが良いとご評価いただき、釉薬は色味や質感の細かなニュアンスにオーダーメイドでお応えしています。

https://enogu-fukaumi.co.jp

more +close -

エリア

キーワード

「京都工芸美術作家協会展 @東京」―京都が、KOGEIする―とは?

1946年の設立以来、新しい造形的表現による美を追究し続けてきた京都工芸美術作家協会が、京都に受け継がれてきた伝統的技法や卓越した技術、多彩な工芸美術の魅力を広く全国に発信するため、特別展「東京展」を開催。(松坂屋上野店10月26日~31日)1000年の伝統と革新が昇華した、京都を代表する工芸家150人の作品群です。

https://www.kogei.kyoto/

more +close -

エリア

キーワード

京都工芸美術作家協会とは?

1946年の設立以来、京都にゆかりのある作家たちが、所属や会派の垣根を越えて集まる全国でも希有な会員数345名の作家団体。染織、陶芸、漆芸、金工、諸工芸分野の5部会で活動。毎年の協会展等や、今秋は特別展「東京展」を開催。今後も京都に受け継がれてきた伝統的技法や卓越した技術、多彩な京都の「KOGEI」の魅力を発信します。

https://www.kogei.kyoto/

more +close -

エリア

キーワード

名古屋絵付け職人技を残し伝える会とは?

「名古屋絵付け」とは、明治期以降、主に輸出用陶磁器の加飾技法として、名古屋を中心に発達した上絵付け技法のこと。その価値を再評価し、確かな形で後世に伝えていくことが求められています。そのため、私たちは、手描きならではの伝統技法を学び、今に伝え、未来に向かって創造する活動を行っています。

https://www.hitomi-arterosa.com/

more +close -

エリア

キーワード