工芸アクティビティ·ガイド : 九州
Japan Craft Directory

日本各地の多種多彩な工芸にリーチ!

陶磁器用絵具・釉薬製造販売 株式会社深海商店とは?

弊社は豊臣秀吉の朝鮮出兵時に来日した朝鮮陶工の末裔が経営する会社です。江戸時代から有田焼を製造していましたが、現在は陶磁器用の呉須・色絵具・釉薬を製造しています。
呉須は天然鉱物を石臼で摺るので色合いと筆滑りが良いとご評価いただき、釉薬は色味や質感の細かなニュアンスにオーダーメイドでお応えしています。

https://enogu-fukaumi.co.jp

more +close -

エリア

キーワード

綾工芸まつりとは?

綾町工芸コミュニティ協議会が主催し、町内のさまざまな業種の40ほどの工房が一同に集う、年に1度の工芸直販イベント。工芸家が企画・広報を担い、お客さまをおもてなしする形で作り上げ、11月23日と週末を含む日程で開催される。今年で40回を迎え、衣・食・住全般にわたって生活を楽しむ一品を提供し続ける。

https://www.aya-craft.jp/%E7%B6%BE%E5%B7%A5%E8%8A%B8%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A-1/

more +close -

エリア

キーワード

玄太染織工房とは?

綾城内の工房には民話絵本に出てくるような高機織機が並びます。織り続けて約半世紀。自然のリズムを大切にしながら、自然の材料で糸を染めて織っています。また、オーダーで織るのはもちろん、オンリーワンの作品を作ってもらう体験も好評。思い出の着物や服の裂織りで新たな一品を作るお手伝いを始めました。

https://genta-hataori.jp/

more +close -

エリア

キーワード

綾町工芸コミュニティ協議会とは?

工芸集団ひむか邑を母体とし、1981年に設立。自然生態系の町宮崎県綾町で“自然と共に生き、創り、自ら売る”をコンセプトに、現在では40ほどの工房が参加している。「工芸とは生活文化である」の思いの元に集う工房は、染色・ガラス・陶芸・金工・木工・竹細工・食品と多岐にわたり、照葉樹林の恩恵を受けつつ創作に励む。

https://aya-craft.jp

more +close -

エリア

キーワード

くらしの工芸展とは?

熊本県伝統工芸館と熊本日日新聞社が、昭和58年から開催する公募展です。
「消費者をやめて愛用者になろう」を合言葉に、プロアマ問わず優れた生活工芸品を表彰し展示することにより、生活者が一時の使い捨てやあきらめ買いをせず、本当に気に入るものを長く愛用する
丁寧で工夫のある暮らしを提案します。

https://kumamoto-kougeikan.jp

more +close -

エリア

キーワード

一般財団法人熊本県伝統工芸館とは?

熊本県伝統工芸館は、伝統工芸品を現代の生活に生かすために活動しています。
館内では、熊本県の伝統的工芸品 約90品目、2000点を常設展示し、県内外の優れた工芸品を紹介する企画展も開催。貸展示室では、週替わりで工芸家による展示会が開催されます。
ゆっくり熊本の工芸品をお買い物できるショップも運営しています。

https://kumamoto-kougeikan.jp/

more +close -

エリア

キーワード