90回記念国展受賞作家展 ( 版画部、彫刻部、工芸部、写真部 )―未来への歩み 2016―

@ 東京都美術館


@ TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM

_mgl1806_thumb

90回記念国展受賞作家展―未来への歩み 2016―

2016年11月8日(火)〜11月15日(火)

@ 東京都美術館

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

2016年11月8日(火)〜11月15日(火)

国画会は、大正 14(1925)年に始まった美術団体 で、毎年春に東京都美術館で国展(国画会展)を 行い、今年で 90 年の節目を迎えた。今回は、
「90 年記念国展」で受賞した作家たちの作品を展 示。柳宗悦、冨本憲吉、バーナード・リーチ、河 井寛次郎、濱田庄司、芹沢銈介などわが国の工芸 をリードした巨匠たちが活躍していた工芸部。そ の先人の志を継ぎ、織、染、陶、漆、皮革、木 工、ガラス、それぞれの素材の本質を追究し、創 意工夫にあふれる作品が並ぶ。

主催:国画会 版画部・彫刻部・工芸部・写真部

工芸部 準会員優作賞 境朋子《雨上がる》
工芸部 準会員優作賞 境朋子《雨上がる》
工芸部 90 回記念展賞 侭田悠子《匂い立つ》
工芸部 90 回記念展賞 侭田悠子《匂い立つ》
会場 東京都美術館 ギャラリーA,B
時間 9:30〜17:30 (入館は17:00まで)※8日は14:00より開館、15日は14:30に閉館
URL http://www. kokugakai.com/kougeibu/
入場料 無料
問い合わせ 03-3391-9316(国画会工芸部事務所)

国画会工芸部と工芸

昭和2(1927)年、梅原龍三郎の勧めで富本憲吉が会員として迎えられ、国画会に工芸部が新設。柳宗悦を柱として、浜田庄司、バーナード・リーチ、河井寛次郎、芹沢銈介、棟方志功などの民藝運動の作家も加わっていたが、昭和12(1937)年に民藝関係の作家たちが退会。しかし、昭和22(1947)年に再び柳宗悦、浜田、河井、柳悦孝などによって、「用と美」を理念とした新たな工芸部が発足する。以後、毎年新しく会員を加え、現在では100名を超える会員、準会員が所属している。

会場

東京都美術館

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36