工芸アクティビティ·ガイド

千總ギャラリー「歩み始めた図案」展とは?

「図案」は、明治時代にもたらされた「デザイン」の訳語として生まれた言葉です。
この展覧会では、図案の概念が意識されはじめた明治の初期から、その後明治時代を通してどのような図案の流行が起こったのかを、千總に膨大に残っている型友禅の裂地からご覧いただきます。
型友禅の華やかな色と柄をぜひお楽しみください。※2021年11月28日(日)まで

https://www.chiso.co.jp/honten/news/gallery/21082301/

more +close -

エリア

キーワード