絶滅危惧の素材と道具
いま起こっていることシンポジウム

@ 石川県立美術館・ホール

Toward the Next 100 Years of Kogei : Endangered Materials and Tools

@ ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF ART

絶滅危惧の素材と道具

2017年11月17日(金)

無料・事前申込特典あり

@ 石川県立美術館・ホール

〒920-0963 金沢市出羽町2-1 

近い将来に枯渇が懸念される、よいものづくりに欠かせない素材や道具。文化財保護の視点、伝統産業の視点を横断しつつ、いま全国で手を講じるべき緊急課題についての情報集約をはじめています。その情報の蓄積が「イエローリスト」。本年はまた、一般の人が参加することで解決ができる事案を、わかりやすい動画を制作しながら伝えていきます。このシンポジウムでは、「何が緊急なのかを伝える」に加え、イエローリストから浮かび上がってきた共通の課題を例示しながら、具体的な解決策を語り合います。

開催日
2017年11月17日(金)
入場料
無料・事前申込特典あり
会場
石川県立美術館・ホール
住所
〒920-0963 金沢市出羽町2-1 
Google map

金沢駅(6番のりば)より兼六園シャトルで約15分、「県立美術館・成巽閣」下車、徒歩約2分。金沢駅(3番のりば)よりバス約15分、「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車、徒歩約5分
開館時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)

お問い合わせ

TEL: 03-3573-3339

FAX: 03-3573-3315

info@thecreationofjapan.or.jp

時間

1500163014:30~受付開始)

提示特典

事前申込特典あり

お申し込みフォーム

施設・会場

石川県立美術館・ホール

ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF ART

国宝《色絵雉香炉》(野々村仁清)の寄贈を契機に1959年開設。1983年、展覧会の大型化・多様化に対応するため、石川県立美術館として現在地に移設しました。古九谷と加賀藩前田家の保護育成により発展してきた加賀の工芸、現代につながる石川県ゆかりの作家の作品を収集。明治の輸出工芸、帝展に始まる展覧会への出品など、石川の近代工芸を時間的な流れで紹介するとともに、陶芸・漆芸・染織・金工・木工・竹工・截金など工芸の各分野を幅広く展示しています。

〒920-0963 金沢市出羽町2-1