連続シンポジウム
世界の工芸事情を知ろう! グローバリゼーションと工芸」

@ 石川県立美術館・ホール/本多の森会議室・第一会議室 講演/セミナー

Symposium Series: Understanding Kogei around the World! Globalization and Kogei

連続シンポジウム グローバリゼーションと工芸

10月20日(金)〜22日(日)

参加費 シンポジウム1回参加につき ¥2,000(税込)
要事前申込

ご案内チラシPDF_連続シンポジウム_グローバリゼーションと工芸

@ 石川県立美術館・ホール/本多の森会議室・第一会議室

工芸は、世界的に見ても大きな変化の時期を迎えている。経済を中心としたグローバリゼーションやSNS など情報とコミュニケーションのあり方が大きく変化した社会の中で、人々は新しい暮らしの姿を模索している。工芸は広い意味で新しい暮らしに役立つかもしれない。

工芸は、材料にこだわり、高い技術力によって生み出される手工芸品を中心にした“ものづくりのあり方” であると同時に、また、一方で、「工芸的な美しさ」といった言い方に表されているように“美的な価値観” でもある。これは、ものづくりの思想や態度であると当時に芸術の中のひとつのカテゴリーでもあるということである。このふたつの工芸的な特徴が新しさとして改めてクローズアップされてきた。

工芸は、現代アートやデザインに比べてまだまだ均質化されておらず、コンテキストも一様ではない。それがかえって工芸のこれからの可能性として映っている。地域性が色濃く残り、多様なコンテキストをもつ工芸に改めて注目が集まり、地域に残っていた伝統工芸が見直され、新たなものづくりのあり方として注目を集め、あるいは新たな美術として展開することが期待されている。

これまでと異なった文脈の中で位置付けられ、新しい役割を担う工芸の今後の展開を文化政策、国際展、クラフトフェア、ギャラリー、コレクションなど、いくつかの工芸を取り巻くキーワードから読み解いていく。パネラーは、文化政策に携わる専門家やマーケットを牽引するオーガナイザー、ギャラリスト、あるいは、創造的にそれらを購入するコレクターなどで、工芸に専門的、あるいは情熱的に携わる皆さんに集まって頂き、それぞれの視点から討論を深めていく。

言語:日本語又は英語 逐次通訳あり

第1部:工芸における文化政策、文化発信
─工芸という地域資源を国際的なフィールドで評価、価値付ける─

日時 10月20日(金) 14:00~16:00 (受付 13:30~) / @ 石川県立美術館
工芸による地域振興やまちづくりと国際的な文化発信を考えるシンポジウムです。主に国や地方自治 体などが主導する工芸振興策から市場主導の国際展やクラフトフェアなど、国際化する工芸につい て、主に政策の視点からの最新の事情を紹介します。

第2部:美術館とギャラリー
─工芸的な価値を創造・発信する─

日時 10月21日(土) 14:00~16:00 (受付 13:30~) / @ 石川県立美術館
工芸が国際化する中で、工芸専門の美術館やギャラリーがどのような役割を持ち、いかに工芸の美 術的な価値をつくり出し、発信しているのかの様子をお伝えします。パネラーは、美術館やギャラリー、 あるいはオークションで経験をもつスペシャリストたちです。

第3部:国際展、アートフェア
─工芸の価値と流通の新たなプラットホーム─

日時 10月22日(日) 14:00~16:00 (受付 13:30~) / @ 本多の森ホール第一会議室
世界的なマーケットが生まれ、流通しはじめた工芸について、新たな市場創造という視点から工芸を 読み解いていくシンポジウムです。国際クラフトフェアやフェスティバルに関わるディレクター、キュレー ターのそれぞれの具体的な取り組みの紹介と討論会です。

開催日
10月20日(金)〜22日(日)
参加方法

参加費 シンポジウム1回参加につき ¥2,000(税込)
要事前申込

ご案内チラシPDF_連続シンポジウム_グローバリゼーションと工芸

会場
石川県立美術館・ホール/本多の森会議室・第一会議室
お問い合わせ

TEL: 03-3573-3339

FAX: 03-3573-3315

info@thecreationofjapan.or.jp

モデレーター

秋元雄史
東京藝術大学大学美術館 館長・教授
金沢21世紀美術館 特任館長
Yuji Akimoto
Director/Professor,
The University Art Museum, Tokyo University of the Arts Chief Executive Director,
21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa
Photo:©Chisato Hikita

シンポジウムタイムテーブル(全日共通)Timetable for each Symposium / Daily Schedule

14:00-15:00 パネリスト各20分のプレゼンテーション(通訳含)
20-minute presentation by each panelist (including interpretation)
15:00-15:10 休憩 / Intermission
15:10-16:00 パネリストとモデレーターを交えてのディスカッション
Discussion with all panelists and moderator

お申し込みフォーム

施設・会場

石川県立美術館・ホール/本多の森会議室・第一会議室