拝啓ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え 記念講演会 嶋田華子氏講演会

@ コンファレンススクエア エムプラス 「サクセス」

Bonjour Monsieur Renoir; Renoir et Umehara ─ Joie de peindre

g_14_thum

拝啓ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え 記念講演会 嶋田華子氏講演会

2016年11月15日(火)

時間 14:00-15:30(受付開始 13:30)

@ コンファレンススクエア エムプラス 「サクセス」

〒100-0005 千代田区丸の 内2-5-2 三菱ビル1階

2016年11月15日(火)時間 14:00-15:30(受付開始 13:30)

梅原龍三郎の曾孫であり、本展学術協力者である嶋田華子氏が、本展の魅力、見どころなどについて、梅原龍三郎作品を中心に語ります。

梅原龍三郎《 パリスの審判》、1978年、油彩/カンヴァス、個人蔵
梅原龍三郎《 パリスの審判》、
1978年、油彩/カンヴァス、個人蔵
日程 2016年11月15日(火)
時間 14:00-15:30(受付開始 13:30)
講師 g-14_shimada
嶋田華子氏(梅原龍三郎曾孫、本展学術協力者)
会場 コンファレンススクエア エムプラス 「サクセス」
※フリードリンクサービス有
定員 120名(MSSサポーター優先枠20名、一般枠100名/事前申込制・先着順)
※定員に達し次第受付締切
参加費 1,000円(税込、MSSサポーター・一般共通)/学生無料(要学生証持参)
※お釣りのないようご協力をお願いいたします。
申込方法 ウェブサイトにて http://mimt.jp/event/#item975

三菱一号館美術館と工芸

1894年に建設された、三菱一号館(ジョサイア・コンドル設計)を2009年に復元し、2010年・春に美術館として開館。主に19世紀後半~20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を行うなかで、型紙、ジャポニスムの器などの展覧会を行ってきました。

これまでの工芸に関するおもなイベント

「KATAGAMI Style― 世界が恋した日本のデザイン」(2012年)
「もてなす悦び― ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会」(2011年)

会場

コンファレンススクエア エムプラス 「サクセス」

〒100-0005 千代田区丸の 内2-5-2 三菱ビル1階