拝啓ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え ギャラリートーク

@ 三菱一号館美術館

Bonjour Monsieur Renoir; Renoir et Umehara ─ Joie de peindre
@ The Mitsubishi Ichigokan

g_14_thum

拝啓ルノワール先生―梅原龍三郎に息づく師の教え ギャラリートーク

2016年11月1日(火)、11月8日(火)、11月29日(火)

時間 いずれも10:30-11:00

@ 三菱一号館美術館

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2

2016年11月1日(火)、11月8日(火)、11月29日(火)時間 いずれも10:30-11:00

展示室でいくつか作品を実際に見ながら、見どころや楽しむポイントをご紹介します。

梅原龍三郎《 パリスの審判》、1978年、油彩/カンヴァス、個人蔵
梅原龍三郎《 パリスの審判》、
1978年、油彩/カンヴァス、個人蔵
日程 2016年11月1日(火)、11月8日(火)、11月29日(火)
時間 10:30-11:00
講師 江藤祐子(三菱一号館美術館 教育普及担当)
会場 三菱一号館美術館内
定員 各日15名(当日先着順)
参加費 無料(但し当日有効の鑑賞券またはサポーターカードが必用です)
参加方法 当日午前10時の開館時より、参加を希望する先着15名様に、
当館チケット窓口前にて参加証を配布します。(参加者ご本人様のみへの配布)
問い合わせ 電話:03-5777-8600

三菱一号館美術館と工芸

1894年に建設された、三菱一号館(ジョサイア・コンドル設計)を2009年に復元し、2010年・春に美術館として開館。主に19世紀後半~20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を行うなかで、型紙、ジャポニスムの器などの展覧会を行ってきました。

これまでの工芸に関するおもなイベント

「KATAGAMI Style― 世界が恋した日本のデザイン」(2012年)
「もてなす悦び― ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会」(2011年)

会場

三菱一号館美術館

g_14_2アクセス

JR「東京」駅丸の内南口より徒歩5分

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2