拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え

@ 三菱一号館美術館

Bonjour Monsieur Renoir; Renoir et Umehara ─ Joie de peindre
@ The Mitsubishi Ichigokan

g_14_thum

拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え

2016 年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝)

休館日:月曜(ただし、祝日の場合は開館)、年末年始(2016 年12 月29 日~ 2017 年1 月1 日)
時間:10:00-18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、10月27日、1月4日~6日は20:00まで/いずれも入場は閉館の30分前まで)

@ 三菱一号館美術館

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2

2016 年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝)休館日:月曜(ただし、祝日の場合は開館)、年末年始(2016 年12 月29 日~ 2017 年1 月1 日)
時間:10:00-18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、10月27日、1月4日~6日は20:00まで/いずれも入場は閉館の30分前まで)

日本の洋画界を牽引した梅原龍三郎。1908年、20 歳で渡仏しルノワールに出会った梅原は、彼を師と仰ぎ親密な関係を築きまし た。梅原は後に、ヨーロッパで学んだ油彩画に日本の伝統的な美術を取り入れ、高く評価されます。本展はルノワールと梅原の作品だけでなく、梅原が蒐集した作品、梅原と親交のあったピカソやルオーらの作品 約80点により、近代絵画における東西の交流をご紹介します。

梅原龍三郎《 パリスの審判》、1978年、油彩/カンヴァス、個人蔵
梅原龍三郎《 パリスの審判》、
1978年、油彩/カンヴァス、個人蔵

 

日程 2016年10月19日(水) – 2017年1月9日(月・祝)
時間 10:00〜18:00
(祝日を除く金曜、第2水曜、10月27日、1月4日~6日は20:00 まで/
いずれも入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(ただし、祝日の場合は開館)、
年末年始 (2016年12月29日~ 2017年1月1日)
会場 三菱一号館美術館
料金 一般 1,600円、高・大学生1,000円、小中学生500円
問い合わせ 電話:03-5777-8600

チケット売り場にて、このウェブページ、もしくはガイドブックの提示で、入場料100円引

三菱一号館美術館と工芸

1894年に建設された、三菱一号館(ジョサイア・コンドル設計)を2009年に復元し、2010年・春に美術館として開館。主に19世紀後半~20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を行うなかで、型紙、ジャポニスムの器などの展覧会を行ってきました。

これまでの工芸に関するおもなイベント

「KATAGAMI Style― 世界が恋した日本のデザイン」(2012年)
「もてなす悦び― ジャポニスムのうつわで愉しむお茶会」(2011年)

会場

三菱一号館美術館

g_14_2アクセス

JR「東京」駅丸の内南口より徒歩5分

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2