平成28年度文化学園大学特別公開講座「伝統の技を革新する技術」

@ 文化学園大学

Bunka Gakuen University Special Open Public Lecture 2016 “New techniques to renovate traditional weaving techniques”
@ Bunka Gakuen University

s-04-thumb

公開講座「伝統の技を革新する技術」

2017年1月11日(水)

時間:16:30〜18:00(受付は16:00から)

@ 文化学園大学

〒151-8529 東京都新宿区代々木3-22-1

2017年1月11日(水)時間:16:30〜18:00(受付は16:00から)

常に人々の生活とともにあり、心に潤いをもたらしてきた工芸。なかでも織物は技術が急速に進み、近年は手工芸と機械工芸との生産性の差が大きくなっています。そこに課題はあるものの、伝統技法のエッセンスを取入れ新機軸を模索することが、将来に渡り織物工芸を継承・発展させていくためのひとつの手法だと考え、解説を交え実作品に触れて鑑賞します。
講師: 文化・ファッションテキスタイル研究所所長 宮本英治氏

主催

文化学園大学

共催

文化学園大学短期大学部

過去に開催された公開講座
過去に開催された公開講座
日程 2017年1月11日(水)
会場 文化学園大学 A館201教室
時間 16:30〜18:00(受付は16:00から)
URL http://www.bunka.ac.jp
入場料 無料
問い合わせ 電話:03-3299-2517
メールアドレス:nakayama@bunka.ac.jp

伝統の技を革新する技術に関する公開講座を開催。

実際の作品を示して、使用された技法を解説。

文化学園大学と工芸

文化学園大学・文化学園大学短期大学部における建学の精神は、「新しい美と文化の創造」を掲げ、開学以来今日までその意義を失うことなくこれを継承してきています。そして時代をリードする「新しい美」を追究し、教育研究活動を通じて次世代の「文化」を創造することを基本理念としています。

これまでの工芸に関するおもなイベント

文化学園大学造形学部参加地域イベント「染の小道」(2016年)、
「平成26 年度文化学園大学特別公開講座『織技術の継承と発展-平面の織組織から立体構造へ-』」(2014年)

会場

文化学園大学

s-04アクセス

「新宿」駅南口、甲州街道改札より徒歩7分

〒151-8529 東京都新宿区代々木3-22-1